大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室-競売回避の窓口

 

用語解説・用語辞典:親子間売買・親族売買

用語解説・用語辞典:親子間売買・親族売買

親子間売買・親族売買

不動産の親子間売買又は親族間売買とは、不動産を親子で売買することです。但し、親子で売買する場合で住宅ローンを付ける場合は住宅ローン引き受けを断る銀行が多いです。それは保証契約の内容で売主が親族の場合の売買契約では融資できない条項があり、(貸付対象物件の売主が申込み本人の配偶者、親、子のいずれかである場合、保証の対象とならない。)これは通常親族間での不動産所有権移転は贈与、相続が多く、売買での所有権移転は理に反する。住宅ローンは通常自分が住む家に設定するが親の住む家に設定するのは不条理である。等の理由であります。

よくあるお悩み このまま今の家に住み続けたい方へ
「任意売却」と「自己破産」について 解決事例

対応エリア

大阪府
大阪市内:北区・中央区・天王寺区・浪速区・鶴見区・他市内全域

大阪市外:池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・枚方市・東大阪市・八尾市・堺市・岸和田市・泉佐野市・他大阪府下全域

奈良県
奈良市・生駒市・天理市

兵庫県
神戸市内:東灘区・灘区・中央区・兵庫区・他市内全域
尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市

お気軽にお電話ください!

 tel.0120-503-253

電話受付:9:00~20:30(年中無休)

Copyright © 2019 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室 All Rights Reserved.