大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室-競売回避の窓口

 

スタッフブログ

滞納から競売の流れ その1

- 作成日:2020年1月31日(金曜日)

滞納から競売の流れ その1

住宅ローンを滞納すると、自宅を差し押さえられて競売にかけられ、その売却代金が住宅ローンの返済にあてられます。

しかし住宅ローンを滞納したからといってすぐに競売になるわけではありません。

滞納から競売までの流れを見ていきましょう。

お金が無く口座から住宅ローンが引き落とせなくなった場合、最初は金融機関から住宅ローン引き落とし不能のお知らせが届きます。

「 引き落とし不能でしたので、次回に2回分引き落としします。入金をお願いします。」
などの文言の文書です。

最初はお知らせレベルですので、書面だけですのでそれほどプレッシャーは感じません。

これが2回目、3回目の延滞となると文面が厳しくなり、支払い督促の文面となっていきます。

金融機関や契約内容によって異なりますが、滞納が3ヶ月〜6ヶ月続くと金融機関は支払えないと判断し、もう分割で支払わず全額を保証会社に代位弁済してもらうことになります。

この分割支払いができなくなることを「期限の利益の喪失」といいます。

ここまでくると住宅ローンは金融機関の手を離れ、保証会社に債権が移っていきます。

つづきはまた次回で・・・・。

住宅ローンの相談お待ちしております。

フリーダイヤル 0120-503-253
または
お問合せ

メール
info@kuukan-est.co.jp
またはライン

友だち追加

 

弊社事務所はこちらの地図をご覧ください。 駐車場ございます。

何卒宜しくお願い致します。

よくあるお悩み このまま今の家に住み続けたい方へ
「任意売却」と「自己破産」について 解決事例

相談対応エリア

大阪府
大阪市内:北区・中央区・天王寺区・浪速区・鶴見区・他市内全域

大阪市外:池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・枚方市・東大阪市・八尾市・堺市・岸和田市・泉佐野市・他大阪府下全域

奈良県
奈良市・生駒市・天理市

兵庫県
神戸市内:東灘区・灘区・中央区・兵庫区・他市内全域
尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市

お気軽にお電話ください!

 tel.0120-503-253

電話受付:9:00~20:30(年中無休)

Copyright © 2019 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室 All Rights Reserved.