大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室-競売回避の窓口

 

解決事例

離婚後の元妻をマイホームに住まわせている

Aさんは3年ほど前に離婚されました。元妻との離婚協議で、養育費の代わりに元妻と子供はマイホームに住み続けてもかまわない、そのかわり住宅ローンはAさんが払い続ける約束をされました。

 

離婚後Aさんの勤めている会社が倒産し、すぐ再就職したものの給与が下がり元妻が住んでいる住宅ローンの支払いがままならない状況になってきました。
カードローンや消費者金融で借り入れ、住宅ローンの返済に充当していましたが、借金が膨らむばかり、いよいよ住宅ローンの支払が滞るようになりご相談をいただきました。

 

ご相談頂いた当初の状況としては、「何とか住宅ローンを払い続けなければならない!」という思いが強く、カードローン残高かかなりでした。
元奥様が住んでいるマイホームは任意売却しなければならないので、Aさんの代わりに元奥様に状況をお話し、このまま放っておけば競売になること、最終的には強制立ち退きなることを説明し、ご理解いただき任意売却スタートのタイミングで引っ越ししてもらいました。

 

住宅ローンとカードローン・消費者金融両方の債務があり、任意売却完了後の債務が確定した時点で自己破産の手続きを検討するそうです。カードローンに手を出す前に相談するべきだったと悔やんでおられました。

 

元妻に相談せず、住宅ローンを払わなければならないという思いでカードローンで借りてしま結果問題が大きくなってしまいました。
Aさんのような離婚協議で養育費の代わりにで夫の名義の家に元妻が住み続ける約束をするケースは非常に多いです。お子さんもまだ小さくなかなか引っ越しできない事情もからんできます。ただ、夫が離婚後に環境が変わり住宅ローン支払いできなくなるケースも多いのです。

 

これから離婚される、または離婚前に住宅ローンが残るマイホームをどうするか、問題を先送りせずご相談ください。任意売却で処分する以外にもリースバック等手放さない選択肢もあります。お早めのご相談お待ちしております。

よくあるお悩み このまま今の家に住み続けたい方へ
「任意売却」と「自己破産」について 解決事例

相談対応エリア

大阪府
大阪市内:北区・中央区・天王寺区・浪速区・鶴見区・他市内全域

大阪市外:池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・吹田市・枚方市・東大阪市・八尾市・堺市・岸和田市・泉佐野市・他大阪府下全域

奈良県
奈良市・生駒市・天理市

兵庫県
神戸市内:東灘区・灘区・中央区・兵庫区・他市内全域
尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市

お気軽にお電話ください!

 tel.0120-503-253

電話受付:9:00~20:30(年中無休)

Copyright © 2019 大阪住宅ローン・任意売却お助け相談室 All Rights Reserved.